和歌山市における現在のタンポポの分布状況

  2013年度調査(土井)
  増田の和歌山市における2001年の調査に比べて、和歌山市内では、カンサイタンポポの分布の割合が減り、外来性のタンポポの分布の割合が増えている。特に市内の中心部では、セイヨウタンポポよりもアカミタンポポの分布の割合が増えている。和歌山城におけるシロバナタンポポ(在来)の分布は激減しており2013年はほとんど見られなかったが久保町の河岸児童公園には、まだたくさん分布している。