海に行くときには、干潮の時に行きましょう.潮の満ち引きの時間は、つり道具やさんのところにおいている潮位表やインターネットなどで調べられます.

満潮時の田倉崎(加太)。満潮時には観察はできません. 干潮時の田倉崎。干潮時にいきましょう.
田倉崎から見た加太海岸  磯ノ浦から田倉崎にかけての海岸には、よい磯があります. 田倉崎の先のほう   水が美しい 海藻がいっぱい
雑賀崎の二子島荘の下や浪早ビーチにもよい磯があります 毛見崎は、静かな海岸です.


見つけられる生き物
ぼくたちは和歌山で、ガンガラと呼ばれています。
コシダカガンガラ コシダカガンガラのうらは、穴があいています. クマノコガイ  くまのこどものように真っ黒です.
クボガイ うらは穴があいていません イシダタミガイ スガイ ふたが厚くて虫眼鏡のレンズのようです.
かさがいのなかま
マツバガイ ヨメガカサガイ トコブシ あわびは呼吸口が3つしかあいていませんが、とこぶしは6〜8個あいています.
イソギンチャクのなかま
タテジマイソギンチャク ウメボシイソギンチャク ミドリイソギンチャク
ヨロイイソギンチャク
ひとでのなかま
アカヒトデ   少なくなりました イトマキヒトデ クモヒトデ  クモのように細い足
ヤツデヒトデ ヤツデヒトデのうら  管足と呼ばれる足がたくさん出ています.
ウニのなかま
バフンウニ  食べるウニは、ウニの卵巣を食べています.このウニはその中でも最高のおいしさです.最ももっと大きいものです. ムラサキウニ  とげがありますが毒はありません.とげはささりますからはだしで踏みつけないように.
カニのなかま
ヒライソガニとイソガニのちがい

 ヒライソガニ                   イソガニ

 あまりもようがない      はさみ     黒い点々がある
 
 平らで、色やもように     こうら     変化少なくつやがある
 変化が多い.                    
 
 しま模様がない        あし      しま模様がある
ヒライソガニ  こうらが白いのもあります. イソガニ
フタバベニツケガニ オウギガニ
魚のなかま
クサフグ ハオコゼ  要注意 ひれに毒がありさされるととても痛いので触らないように アゴハゼ  



かつての水軒浜 (昭和30年代)  45歳くらいから上の人はここで海水浴をしていました.砂浜がとても広くて水辺までが足の裏が熱くてたどり着くのがつらかった.遠浅の浜と松林がとてもきれいでした。
現在の水軒浜