2020年6月21日の部分日食

6月21日の夕方、部分日食があります。

これを見のがすと、和歌山では10年間は日食が見えませんので、晴れていれば観察してみましょう。

 

10分ごとの太陽の形は次のように変化する予定です。

 

太陽を直接見るには、日食めがねのような安全なフィルターが必要です。

日食めがねがないときは、次のような方法で太陽の欠けた形を見ることができます。

 

 

2019年1月6日に見えた部分日食です。

 

2012年5月21日に和歌山で見えた金環日食です。

 

この次に和歌山で見える日食は、2030年6月1日です。

 

この次に和歌山で金環日食が見えるのは、2095年11月27日です。

この次に和歌山で皆既日食が見えるのは、2947年9月6日です。