星空ガイドブック WEB版 和歌山市立こども科学館

はじめに

 「和歌山の星空」というタイトルで星空観察ガイドを作ったのは1999年。肉眼で夜空を見上げるための内容としていて、こども科学館の天体観察会に参加してくださった方にさしあげました。今回の「星空ガイドブック」は少しページを増やせたので、星空を観察するだけでなく星を通して豊かに生きるヒントも若干盛り込みました。
 あなたが見上げた星は他府県の人も、遠く離れた海外の人も見ることができます。この5年間でインターネットなどのデジタル環境が大きく進歩して、最新の画像をホームページで見たり、星を見た感想をメールで交換したりできるようになりました。また一歩踏み込んで天体の実体をのぞいてみたり、それを解明した先人の努力に触れたり、手近になったデジタルカメラで星を写してみる楽しみもあります。2003年の火星大接近を機会に望遠鏡を入手された方もおられるでしょう。望遠鏡で見ておもしろい天体も若干ご紹介しました。少ない紙面ですので限界があります。この小冊子を星の世界の入り口としていただければ幸いです。


  02 太陽

03 惑星

04 春の星空

05 北斗七星

06 おとめ座など

07 星をよく見るために,星座早見の使い方

08 夏の星空

09 夏の大三角,たなばた

10 天の川

11 流星と彗星

12 秋の星空

13 アンドロメダ座,ペルセウス座、変光星

14 星座とギリシャ神話,紀州の星の和名

15 星座を作った人達,星の名前

16 冬の星空

17 オリオン座,おうし座,星の色

18 冬の夜空に星の一生を見る

19 天体望遠鏡を使う

20 日食と月食

21 星食,インターネットで天文する

22 天体観察会,プラネタリウム,公開天文台

23 天体写真のデータ

24 裏表紙