やぎ座 略号 Cap.

     やぎ座の星座絵は、下半身が魚という奇妙な姿です。ギリシャ神話には次のような話があります。あるとき、ナイル川のほとりで神々が酒盛りをしていました。そこへ恐ろしい怪物テュホンが襲ってきました。テュホンは頭が100もあって下半身が大蛇です。恐ろしい声で吠えると、神々はいろいろな動物に変身して逃げました。笛を吹いて他の神様を楽しませていた牧神パーンは、魚に変身しようとして川に飛び込みました。しかし、水につかったところは魚になりましたが、水面に出ていたところはヤギになりました。大神ゼウスはこのようすをながめていましたが、その姿が面白いので星座にしたということです。 やぎ座は、一番明るい星でも3等星で、明るい星はありません。しかし逆三角形の星並びは、星がよく見える所なら南の空に簡単に見つけられます。右上に有るα星は、肉眼でも二つに見える二重星で、α1星、α2星それぞれ名前が付けられています。 この星座に「やぎ」の名前を付けたのは紀元前6〜7世紀のカルデア人たちであったと考えられています。冬至を過ぎた太陽はこの星座を通って高く上がりはじめます。これを岩山に登るやぎに連想したのでしょう。     ...科ポ

 やぎ座になっているのは森の神様パンで、もともと頭と下半身がやぎで、上半身は人間でした。あるとき神々がナイル川のほとりで酒盛りをしていました。パンは葦で作った笛を吹いて神様たちを喜ばせていました。そこへ、頭が百もあって下半身が大蛇という怪物テュホンが襲ってきました。神様たちはさまざまに変身して逃げました。パンは魚に変身して川にとび込みましたが、水につかったところだけが魚になりましたが、水から出ていたところはヤギになってしまったのです。...P30

 

  個有名 JohnsonV 視差(1/1000秒) 距離(光年) スペクトル 絶対等級 太陽の何倍明るい
α1 Prima Giedi 4.360 4.75 690 G3Ib -2.3 700
α2 Secunda Giedi 3.683 30.0 109 G6/G8III 0.97 34
β Dabih 3.169 9.48 344 A5 -2.07 560
γ Nashira 3.718 23.48 139 A7III 0.54 50
δ Deneb Algedi 2.85 84.58 38.56 A5mF2 (IV) 2.49 8.4
ε   4.483 4.92 660 B3V -2.03 540
ζ   3.859 8.19 400 G4Ibp -1.66 390
η   4.873 20.64 158 A5V 1.39 23
θ   4.075 20.61 158 A1V 0.65 46

★αCap. 二重星 α1とα2はみかけの二重星 固有運動のために2000年前には離角1.5".....おはなし星座教室

★βCap. 二重星 西に3.4'離れた6.1等星HIP100325は、B9.5III/IV型、314光年。S&T2001Sept.でSue Frenchは「3.8'離れて9.1等星があって、「三重星」というのだが」。

★οCap. 二重星 5.9-6.7_21"

星の固有名 α星アルゲディ 「子ヤギ」、 二重星として見るときはプリマ・ギェティ と セクンダ・ギェティと呼ぶこともある。

β星ダビー「いけにえをささげる者の守り星」、 γ星ナシラ「夏の終わりの緑野の守り星」、 δ星デネブ・アルゲディ「ヤギの尾」

.......「星座の神話」原恵より