エリダヌス座 Eri

  オリオン座が南東の空に高くなった頃、オリオン座の右下から南の地平線にかけてエリダヌス座が見えています。オリオン座のリゲルのすぐ上に有る3等星,エリダヌス座β星から始まる川の流れは、多くの4等星をたどりながら大きく蛇行して南下します。そして、最後に1等星アケルナルに到着します。が、残念ながら和歌山市では、アケルナルは地平線の下になっていて見えません。アケルナルは「川の果て」という意味。β星の固有名は「クルサ」で、アラビア語の巨人の足台という言葉から来ていて、もともとはオリオン座と関係があったようだ。エリダヌス川は、ギリシャ神話に出てくる川です。太陽の神アポロンの息子ファエトンが父の目を盗んで日の馬車を走らせたときに馬が蠍に驚いて暴走し、世界中が焼けそうになってしまいました。やむなくゼウスが雷を放って馬車を打ち落とし、ファエトンが馬車もろともエリダヌス川に落ちて死んでしまったそうです。

 野上町で撮影したエリダヌス座南部


★εEri. 10.5光年で、K2型のオレンジ色の星。肉眼星では3番目に近い星だ。 1960年にFrank Drakeが、この星の周囲に惑星があって生命が存在するかもしれないとして、宇宙生命からの電波の受信を試みたが検出できなかった。τCetも。  ε星の年齢は5〜10億年。ハワイにあるジェームス・クラーク・マックスウェル望遠鏡の赤外線観測で、この星の周囲に塵の円盤が発見された。円盤は内径35AU、外径75AUで、質量は地球の1/100ほどと推定されている(TG1999Janp77,画像も)。...iauc7985

★NGC1300 銀河 エリダヌス座にある銀河

★PKS0405-385 クェーサー  赤経 4時 5分、赤緯 -38.5度付近の「エリダヌス座」にあるクェーサーで、光学的な明るさは 18等、赤方変移は z=1.285 と観測されている。「またたくクェーサー」とされている天体で、波長3センチの観測では1時間以内に強度が 1.6Jy(ジャンスキー)から 2.6Jyにまで 1Jyも変化したそうだ。...nao0043

★HD28185は「エリダヌス座」にある7.8等星で、その惑星は中心星から約1天文単位の距離を、円軌道で、ほぼ1年に近い385日の周期で公転しています。中心星が太陽に近いG5型星ですから、この惑星の存在環境は地球に似ていて、いわゆる生存可能帯にあると考えられます。ただし惑星自体は木星の3.5倍の質量をもつガス惑星ですから、そこに直接生物は生存できません。しかし、仮にその惑星に衛星があるなら、その衛星には、地球上にあるような生命が存在できるかもしれません。...nao0431