けんびきょう座

やぎ座の下にある小さな星座で、和歌山では南の地平線すれすれに位置する目立たない星座です。けんびきょう座でいちばん明るい星でも5等星ですから見つけるだけでも困難で、星を結んで顕微鏡を形作るのはほとんど不可能。けんびきょう座のさらに右下には「ぼうえんきょう座」があるが、ともに18世紀のフランスの天文学者ラカーユが作った星座だ。その頃は、明るい星でできた古くからある星座のすきまに天文学者たちがいろいろな小さな星座を作りました。星座といっても星を結んで動物などの形を描くのではなく、星空のある区域を囲って星座の名前をつけたのです。ラカーユは、当時最先端であった科学の器具などを星座にしました。

......ラカーユが設定して現在も使われている星座は、

けんびきょう座  ぼうえんきょう座  がか座(画架,イーゼルのこと)  コンパス座(円を描くためのコンパス)  じょうぎ座

ちょうこくぐ座  ちょうこくしつ座  テーブルさん座(南アフリカにあるテーブル山)  とけい座  はえ座  はちぶんぎ座(八分儀)

ポンプ座(真空ポンプ)  レチクル座(レチクルは天体望遠鏡の接眼レンズの中の目盛のこと)  ろ座(炉、科学実験のための過熱道具)