へびつかい座                                へび座を見る

  へびつかい座の神話 両手で蛇を持っている巨人は、ギリシャ神話に登場する医師アスクレピオスです。アスクレピオスは、父アポロン、母コロニスの間に生まれました。しかし、あるときコロニスが他の若い男と話しているのを見たカラス(からす座)は、こっそりとアポロンに告げ口をしました。怒ったアポロンは矢を射てコロニスを死なせてしまいます。コロニスは死に際に身ごもっている子供を育ててほしいとアポロンに言い残しました。 アポロンは、赤ちゃんをケンタウロス族の医師ケイロン(いて座)に預けました。ケイロンは立派にその子アスクレピオスを育てあげ、医術を伝えました。アスクレピオスは、医者となってから大勢の人を助けました。イアソンのアルゴ船の冒険にも参加して傷ついた兵士の手当てをしましたが、熱心にも死んでしまった兵をも生きかえらせてしまいました。このことが大神ゼウスの怒りに触れ、ゼウスは雷電を放ってアスクレピオスを打ち殺してしまいました。後にアポロンがゼウスに願って、アスクレピオスを星座にしてもらったということです。