すばる ... 旬の星

 星はすばる 平安時代の清少納言は、すばるは星々の中で最も美しいとたたえました。「すばる」とは、「たくさんのものをむすんで一つにまとめる」という意味の言葉から来ています。多くの星が集まっているからこんな名前になったのでしょうね。関西では「すばる」ですが、関東では星が6個見えることから「六連ら星」とも言うとか。普通の視力の人なら5,6個の星が見えます。今夜試してみてはいかがでしょう。 西洋ではプレアデスという名前で呼ばれています。古代ギリシャの物語ではアトラスとプレイオネの間に生まれた7人の姉妹だとされていて、肉眼で見える明るい星にそれぞれ名前がつけられています。 

 双眼鏡で見ると何十もの星が見えて息をのむほど美しい星です。すばるのように星が集まったものを散開星団とよんでいます。そしてすばるはプレアデス星団ともよびます。天体望遠鏡を使うとさぞ立派に見えると思いがちですが、倍率をあげると星々がまばらになってしまって興ざめです。すばるは星がよく見える山奥で双眼鏡で見るのが一番です。

 すばるは青白い星の集まりです。408光年という距離のところに120個ほどの星が集まっています。青白い星は表面の温度が10000度以上もある高温の星で太陽の数倍もの燃料をもっているのに太陽の数百倍以上も明るく光っています。それで早く燃料を使い果たしてしまう寿命の短い星です。太陽は50億年ほど前に誕生して、あと50億年も安定して光るそうですが、すばるは5000万年ほど前に誕生して、すばるの中のアルキオーネのような明るい星は5000万年後には死んでしまうのだそうです。 すばる全体にうるんだような淡い光のベールがかかっています。これは星々のまわりにある細かい粒子が星の光を反射している反射星雲で、メローペをとりまく星雲はとくに濃くて山奥なら双眼鏡でぼうと見ることができます。 すばるの星々の固有運動を調べると、非常にゆっくりですが、ほとんどの星が南南西に同じような速さで動いています。すばるの星々は分子雲という一つの巨大なガスのかたまりから誕生した結果このように動いているのだと考えられています。

 


すばるは、「プレアデス」ともよびます。 英語ではセブンシスターズです。

 プレアデスの星々はどれも青白く光っています。青白い星は、大量に燃料を燃やし、明るく輝く高温の星で、寿命が短いとされています。プレアデスの星々の寿命は1億年ほどと考えられていますが、これでも星の中ではかなり短い方です。今はまだ生まれてから2000万年ほどの若い星の集まりだそうで、恐竜が生きていた大昔にはこの星々はまだ生まれてなかったことになりますね。距離は400光年あまりで、全部で120個ほどの星が集まっています。

 日本では、この星の集まりを「すばる」と呼んでいました。平安時代に清少納言が「星はすばる・・・」と星々の中でこのすばるが最も美しいとたたえたように、すばるは冬の夜空に輝く星々の中でも最も魅力的な星です。

 肉眼で見ると6つぐらいの星が集まっているように見えるのですが、視力が落ちてくると星々がはっきりせず青白い光にうるんだように見えます。視力のよい人は10個以上見えるそうですから、夜空を眺めて挑戦してみると面白いでしょう。双眼鏡などで見るともっと美しいですよ。

 ギリシャ神話ではオリオンに追いかけられたプレアデスの7人姉妹が空に逃げたのだと伝えられています。.......P43

物を「しばる」とか「むすぶ」とかいう日本語が変化して「すばる」となったそうです。