ぼうえんきょう座

いて座の南にあって、とくに明るい星など無い目立たない星座だ。この星座で北寄りの4等星αTel.でさえ和歌山で南中時に高度10度ほどで、肉眼ではっきりと認めるのは困難だ。

18世紀にフランスの天文学者ラカーユが設定した星座。ラカーユが活躍していた頃は対物レンズの色収差を避けるために長大な望遠鏡を使うのが一般的であって、彼が描いた絵には現在の望遠鏡座から始まってさそり座G星を通り、へびつかい座d星あたりまで長い望遠鏡が描かれている。さそり座Gは望遠鏡座γ、へびつかい座d星は望遠鏡座θだったそうだ。