星を写そう 特別展「天体写真を写そう」 平成19年9月30日〜12月16日

昆虫採集、植物採集、化石採集・・・ 観察する対象を手にとり、標本として集めることが自然を理解する第一歩ですね。しかし、星には手が届きません。昔から星空を記録するためにいろいろな方法が考えられました。写真で星を記録することは150年ほど前から行われるようになり、今は観測のほとんどが写真で行われています。デジタルカメラが普及しました。私たちが持っているカメラでもちょっと工夫すれば星を簡単に写せるようになりました。何より失敗を恐れずに何回でもシャッターを押すことができるし、結果はすぐに見ることができます。こんな便利なものを使わない手はありません。あなたも「星空採集」を始めてみませんか。
この展示では主にデジタルカメラを使って星を写すことをご紹介しました。作例写真はすべてアマチュアでも入手できるカメラで撮影しています。天体写真についてもっと知りたい、自分のカメラで写してみたい方は次の天体写真教室にお越しください。

上のパネルをクリックすると大きく見えます。

天体写真教室

星の写真に興味がある方なら、気軽に参加できます。対象は小学生以上一般で、自分のカメラを持っている人。
下のようなテーマで行いますが、できれば自分のカメラを持ってきてください。申込不要、先着30人まで。入館料(おとな300年,こども150円)が必要です。
ただし、1月20日は材料の都合で定員20人、申込必要、申し込み期間は12月1日から12月22日、申し込み多数の場合は抽選で、参加できる方にはがきで連絡します。

平成19年10月6日(土)16:00-17:00 私達に写せる天体写真
平成19年11月24日(土)16:00-17:00 星の軌跡を写そう
平成19年12月8日(土)16:00-17:00 星座を写してみよう
平成20年1月20日(日)10:00-12:00 星座撮影架台を作ろう(工作・申込必要)
平成20年2月16日(土)16:00-17:00 月を写そう

 


この星のページに使っている写真の多くは私がふつうのカメラで写しました。ここでは写真で星を楽しむことをご紹介します。

月と金星を写す 双眼鏡とデジカメで月を大きく写す    
   
こんな写真を写してみませんか。
デジタルカメラで簡単に写せます。