次回の月食は・・・

 2021年5月26日(水)に「今年最大の満月(スーパームーン)の皆既月食」がありました!
しかし、和歌山では、厚い雲に覆われ残念ながら見ることができませんでした・・・。
北海道や東北方面などの方では見られたようですね。
 次回、今回と同じ条件の月食【その年最大の満月(スーパームーン)の皆既月食】は、2033年10月8日になります。

 月食は、他にもあります。
2021年11月19日には「部分月食」があります。部分月食ですが、食分0.98と皆既に近い状態まで深く欠けます。この月食も東の空の低いところで、月が見え始めるころには欠け始めています。
 また、2022年7月8日の宵にも皆既月食が見られます。

 今回の皆既月食は、残念ながら和歌山では見られませんでしたが、今後も月食があるので、次回以降も楽しみですね!

皆既月食があります(5月26日)!

 5月26日水曜日の夜に起こる「今年最大の満月(スーパームーン)の皆既月食」!
日本から見られる条件の良い皆既月食としては2018年1月31日(約3年4か月ぶり)以来です。
 欠け始めの時刻は全国共通で18時45分。西日本では、まだ月が出ていない時間です。和歌山で月が出てきて見え始めるのは18時58分頃。月が見えるようになる頃には月食が始まっています。
皆既月初の時間は20時11分~26分の約15分と短めです。時間帯も見やすい時間ですね。
その後、月食の終わりが21時52分。始まりから終わりまで、お天気が良ければ見やすい時間帯に起こりますので、ぜひ、見たいですね!
 月食は、日本では5年に約2回(半影月食をのぞく)やってきます。次回は、11月に部分月食が起こります。しかし、この今年最大の満月(スーパームーン)の皆既月食は比較的珍しく、次回は2033年10月8日(皆既月食)まで起こりません。月食の満月が近く大きいからといって特別なことが起こるわけでもないですが、少し意識してみるのも良いと思います。